くふうカンパニー観察日記 20190516

くふうカンパニー観察日記 comments(0) - けりゅ

株価 805円

 

くふうカンパニーの中間決算が発表されました。

 

・通期予想を発表

  →売上4500百万 営業利益200百万 EBITDA400百万

・中期経営目標

  →2021年9月期 EBITDA2000百万 今期予想の5倍

 

・アールキューブ買収で売上増

・ヨムーノを新会社のくらしにくふうへ再編

・リソース転換でオウチーノ3月単月黒字化

・ウェディング関連事業のフルスロットルを買収、結婚事業強化へ。

 

 

 

↓以下、細かい話

 

事業別の売上・利益(2Qまでの累計)は下記の通り。 ※単位百万円

アールキューブをPLへ連結。

Zaimは次期からなので反映されていません。

通期予想が発表されています。

中間実績を鑑みると、チャレンジングな通期予想が出されました。

 

細かく見るとこんな感じ。※有報より引用

アールキューブは前期を見る限り、

もっと赤字だと思っていましたが、、、

5百万程度の軽微な赤字のようです。

結婚式の開催数が伸びているようですので、

単独で黒字化も3Q中に可能かも。

 

 

1Q単独、2Q単独の比較は下記の通り。 ※単位百万円

アールキューブ買収で売上増。

 

 

1Q、2Qの損益は下記の通り。決算資料より引用 ※単位百万円

アールキューブの"のれん"が年93百万発生しているはずです。

四半期ベースだと約23百万円。

それがあるにもかかわらず、結婚関連事業の営業利益は1Q133百万円→2Q136百万円。

2Qはこの"のれん"により減収だろうと思っていましたが、

のれん費用を上回る結果をだしたと言えるのではないでしょうか。

 

また、不動産事業ですが、

△88→△32と改善しています。

リソース再配置による人件費削減が主な理由とのことです。

3月単月で黒字化したとのことですので、

ようやく不動産事業の底が見えたのかもしれません。

 

Zaim事業の”のれん”について

決算短信9〜11ページに、のれん額は843,117千円とあります。

10年にわたる均等償却とのことです。

毎年80百万程度の償却ということになります。

Zaimは3QからPLへ反映されます。

 

BSについては、Zaim買収による現金減。のれん増。

ほぼこれだけです。

 

 

今後のくふうちゃん

ウェディング関連事業を行うフルスロットルを買収。

http://www.full-throttles.com/

結婚事業をさらに強化してきました。

やはり、上流から下流まで一気通貫にやりきるという方針のようです。

11月にも書きましたが、

新婚旅行や写真撮影など付随事業の買収もあるかもしれませんね。

(と書いていたらみんなのウェディングの求人情報に

 ドレス、指輪、新婚旅行、、などの周辺事業に手掛けていくという

 情報が書かれていたようです。※CKさんからの情報)

 

オウチーノについては、3月単月黒字は喜ばしいことではあります。

ただ、リソース配分を変えて黒字になったということですので、

まだ、厳しいのかなと思います。

説明会の質疑応答資料に、今期黒字を目指しているとあるので、

やりきって欲しいと思います。

結婚事業はアールキューブやフルスロットルを買収しましたが、

不動産関連事業の買収はオウチーノを黒字化してからと思います。

オウチーノから配置転換したリソースをどこに使うのかも見どころです。

 

ヨムーノはスマートニュースやLOCARIで読まれ、

オウチーノドメインへの流入は増え続けています。

3月→4月で流入者は倍増しており、メディアとしての力を増しています。

オウチーノ事業だけでなく全社横断的に利用していくというのが、

分社化の狙いの1つだと思います。

不動産事業とメディア事業を分けて管理した方が、

事業責任の明確化という点でも良いと思います。

 

金融事業については、大手銀行等と順調にAPI連携をしているようです。

アプリダウンロード数も伸びているようですし、

次期以降にPLへ反映されますが、楽しみですね。

保険事業については4月から稼働しているようです。

設立したばかりの会社ですので過度な期待はできませんが、

他事業とのシナジーを期待したいです。

 

これまでくふうカンパニーは、

明確な数値目標を発表していませんでしたが、

今期予想と供に、中期の目標も発表されました。

ようやく、数値を追える会社になってきたのだと思います。

 

目標売上の45億円ですが、

ギリギリ到達できそうな感じがします。

過去の実績から数字をそのまま置いた感じです。

※実績値については1Qと2Qの有価証券報告書から計算して反映

↓↓↓

 

Zaimは2018年8月期の実績で、売上255百万円です。

4で割れば64百万程度です。少しストレッチして70、70と置いています。

 

フルスロットルズは、2018年3月期の実績で、売上544百万

4Qで140百万くらいは達成可能かと思います。

結婚関連は3Qから令和元年特需があると思うので、

伸びるかもしれませんね。

 

正直、心配なのはオウチーノだと思いますw

2Qの実績も芳しくありませんし、

目標に向けて足を引っ張るかもしれませんね。

ヨムーノが伸びまくれば。。

 

 

営業利益の目標は2億ですが、

売上が達成できれば、利益は達成できるということでしょうね。

不確定要素が多すぎて、ちょっと予想が困難なので割愛します。

 

 

今期中期ともにチャレンジングな目標だと思いますが、

穐田さんと優秀な経営陣・優秀な社員の皆様が力を合わせて、

やり遂げて欲しいなと思います。

 

 

 

くふうカンパニー観察日記 20190216

くふうカンパニー観察日記 comments(0) - けりゅ

株価 882円

 

くふうカンパニー初の決算発表がありました。

 

重要だと思われるところだけピックアップしています。

PL(事業別売上、利益)

BS(のれん)

今後のくふうちゃん

 

有価証券報告書の数値をもとにしていますが、

ミスや間違いもあると思います。

鵜呑みにせず、有報をご確認ください。

 

 

PL(事業別売上、利益)

売上、経常、純利は以下の表の通り。(※有報 P4,P33より作成)

有価証券報告書をもとにカテゴリ分けしてみました。

 

みんなのWの経常利益率33%。

経常利益率の高さが目をひきます。

前年同期は、売上385、経常27でしたので、

大幅に利益率が改善しています。

前四半期と比較しても、売上、利益が伸びています。

オウチとの合併により販管費の削減、

売上の微増によって、利益が出ているようです。

 

一方、オウチです。

前年同期は、売上511、経常▲71でした。

ただオウチの場合、SSグループ他が連結されていたりと、

単純比較ができません。

事業の性格的に利益率は高いと思われます。

四半期ベースでプラス1億円くらい売上があがれば、

損益はプラスになると思います。

 

アールキューブは第2四半期からPLへ反映とのこと。

 

 

BS(のれん)

前期とBSを簡易的に比較してみました。

現金が減って、のれんが増えただけです(´∀`*)

のれんはアールキューブの買収によるものです。

Zaimの買収は含まれていません。

 

アールキューブ買収のれん発生額 18.6億円(有報 P33)

2018年11月21日(株式取得日)

2018年12月31日(みなし取得日)

第2四半期からPLへ参入、BSへは計上済みとあります。

「結婚関連事業において株式を取得」という文言があります。

結婚関連事業にて償却ということでしょう。

20年に渡る均等償却とのこと。

約93百万/年の費用発生ということになります。

 

Zaimののれん

2019年1月7日(株式取得日)

2019年3月31日(みなし取得日)

アールキューブと同様の運用であれば、

第3四半期からPLへ参入と思われます。

BSへは第2四半期からだと思います。

 

Zaim社長閑歳さんや穐田さんの持ち株から取得したのだろうと思います。

穐田さんから格安で取得した可能性もあります。

取得金額が公表されていないので、のれんの額は不明です。

格安で取得していれば、のれんすらないかもしれません。

 

2018年8月期においては、

純資産は1.21億、売上2.55億、営利0.42億、経常0.43億とのことです。

こちらは、金融関連事業にて償却すると思われます。

Zaimの利益で償却ということだと思います。

 

仮に10億円で取得、20年で償却とすれば、年5000万円の償却。

ほぼほぼZaimの営業利益がなくなるレベルですね。

まあ、成長企業ですので、それでも利益は出そうですが。

 

 

ちなみにSSIの償却期間

SSIののれんは1.8億くらいです(オウチ2017年12月期第2四半期決算短信より)

四半期毎に500万円程度の償却をしています。

これは、毎期ののれん額を見ればわかります。

ですので、年2000万円の償却。

したがって、SSIは9年間で償却していく方針のようです。

 

 

Zaimの買収額が不明なので、何とも言えませんが。

今後10億単位の買収をするのは、保有現金的に辛いかもしれません。

SSIのように株式交換による買収を進めるかもしれませんね。

(穐田さんから格安で取得という線はありますが)

 

そのためには、

PL上の利益をだして、時価総額を高めていくと思います。

買収先企業の償却期間を長めして、費用を小さくし、利益を多くすると思います。

従いまして、Zaimの償却は20年だろうと思います。

 

PL上の利益を出していくという路線は、

時価総額的にはプラスになると思いますし、買収し易くなるでしょう。

成長性も期待感も高まるので、一気に時価総額が膨らむ可能性もあります。

一方で、償却額が少ないということは、

キャッシュアウトのない費用を計上しませんので、

CFを犠牲にするところもあります。

すなわち、借入金が増えていく可能性があります。

 

合併前に、オウチーノの有利子負債を一掃させたのは、

買収経営のための借入金の余力を確保しておくための布石かもしれません。

 

 

 

今後のくふうちゃん

結婚関連事業の切り口は価格帯のようです。

みんなのウェディングでカバーしきれていない低価格帯への進出。

これをアールキューブで担うということのようです。

結婚式そのものが減っている要因として、

若者の可処分所得の低さが挙げられます。

こうした社会的な背景を鑑みても、

成長を期待できると思います。

また、最近では結婚しないカップルも増えています。

フランスなどでは当たり前ですが、

今後法整備が進むようであれば、

そういったカップル向け(男女のカップルだけでなく)に

サービスを展開していくのも良いと思います。

 

不動産関連の軸は技術力を生かしたサービスによる差別化、

自前メディアの構築による差別化でしょうか。

競合が多い分野ですので、最後発でシェアを奪うのは骨が折れますね。

とはいえ、額としては大した赤字でもありません。

上述したように四半期で売上1億円もプラスできれば、黒字化できるでしょう。

ヨムーノ自体の収益化も期待できますし、

ヨムーノを他の事業に利用することも十分可能だと思います。

 

金融事業は、Zaimはすでに損益プラスですし、

会員数によって定期的な収益を上げられますので。

ストックビジネス的に収益が積み上がっていく安定事業でしょう。

当然、決済等へもビジネスを広げると思いますので、

相当な期待感を持って見守っています。

 

 

今後も、基本的に寝ていて、

安くなったら買うという方針に変わりありません(´・ω・`)

まだ、NISA枠120万円は使えていません。

 

くふうちゃんはボラティリティも大きく、

株価に一喜一憂しても疲れるだけです。

 

現物で安値を丹念に拾って、

株価を見ないのが良いと思います。

 

くふう企業群はまだ始まったばかり。

 

1965年バークシャーに100万円投資できた方は、

100億円くらいの資産を手に入れています。

これが成長企業の複利で資産を増やす効果です。

 

今、お金がない人でも、

毎月の給与でNISA枠で購入していくだけでも、

十分にとんでもない資産を築けると思います。

 

ですので、慌てて信用で買うようなことはしない方が良いです。

かならずボラティリティに負けますからね。

 

 

くふうカンパニー観察日記 20190123

くふうカンパニー観察日記 comments(0) - けりゅ

株価 962円

 

ヨムーノ公式ツイッターにて、

ゲーテ君の生存が確認されました。

好感したゲーテ君ガチ勢の買いにより株価は堅調に推移(`・ω・´)キリッ

 

前回の株主総会のオウチーノ瓦せんべいは美味しかったのですが。

次の株主総会では、

ゲーテ君のぬいぐるみが欲しいです。

くふうカンパニー広報の方、お願いします(`・ω・´)キリッ

 

株主優待でもいいですよ↓(´・ω・`)

 

〜100株 ゲーテ君ストラップ

〜1000株 ゲーテ君ぬいぐるみ小

10000株〜 ゲーテ君ぬいぐるみ等身大

 

Zaimの手数料無料が現実的なのかな|ω・`)

 

 

ゲーテ君買いも優待も、もちろん冗談ですが。

テキサス(@tonkytonky1205 )さんが言っていましたが、

元号元年ということで、結婚需要って多そうですね。

 

みんなのウェディングと買収したアールキューブへの期待っていうのが、

株価上昇の背景にあるのかもしれません。

 

というか、

赤字のマネーフォワードの、あの時価総額が許容されるなら、

規模は小さいけど黒字のZaimも、ある程度は評価されないとおかしい訳で。

これだけでもファンダ的に大きく改善と評価されてもおかしくないとは思います。

 

まあ、BS的に良くなっても、PL的に良くならないと、

株価にはあまり反映されない、というのは、よくあるパターンですけどね。

 

 

 

 

ようやく仮想通貨の確定申告が終わりました。

アービトラージをひたすらやっていたので、

取引履歴が多くて苦労しました。。

ふるさと納税やら色々な控除、、

税金関連にやたらと詳しくなった1年でした。

 

 

ちなみにアービトラージというのは、

下記のように取引所間の価格差を利用した儲け方です。

 

A取引所でBTC現物買い

B取引所で同数を信用売り

AからBへBTCを送る

同時に決済

 

これだけで1万円を簡単に稼げていたんです。

5万円以上の価格差があるときもあったので、

1BTC送るだけで5万円くらい儲かったこともあります。

 

2月末くらいまでは、常に価格差があって無限に儲かりました。

気が付いたのは一昨年の12月なので、2か月ちょっとしかできてません。

その前から気が付いていた人は大儲けでしょうね。。

 

海外との価格差は1BTCで30万くらいありましたので、

海外で買って、日本へ送るだけで30万儲かったはずです。

私はやっていませんし、海外の銀行口座がないとできなかったですが。

コインチェック事件1月末くらいの話です。

 

ちなみに今は価格差があまりないので、ほぼ儲かりませんが。

たまに価格差があるので、ほぼノンリスクで儲けることもできます。

 

ただ、複数の仮想通貨取引所へ資金を常に置いておく必要があるので、

資金効率的にどうなのかというのと、

コインチェックのようなやらかしが怖いわけです。

 

ちなみにコインチェック事件のときに、

コインチェックに300万ほど置いていたので、

約1か月間、出金できませんでした、てへ(´∀`*)

 

仮想通貨取引所は、板がものすごく薄いので。

値が飛んだり、戻らなかったりすることがあります。

BTCBOXという取引所では、数か月前に10万円?20万?くらいでBTCを買うチャンスがありました。

簡単に数倍儲けることができた訳です。

数時間にわたって値が戻らなかったのは、取引所への入金に時間がかかるからです。

常にお金を置いておけば、こういうチャンスを拾うことができます。

ただ上記のようなデメリットもありますので、何とも言えません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

くふうカンパニー観察日記 20190104

くふうカンパニー観察日記 comments(0) - けりゅ

株価 841円

 

あけましておめでとうございます。

今年も変わらず、くふうちゃんを応援していきます(´・ω・`)

 

大発会から日経暴落のなか、

くふうちゃんは強さをみせております。

 

 

くふうちゃんはいずれファンダが改善して、

株価も上昇すると確信しています(時間軸はわかりませんが)。

 

唯一の懸念はくふうちゃん自体よりも、

景気が低迷し、日経平均が落ち、

くふうちゃんも引っ張られることだと思っています(´・ω・`)

 

日経やマザーズ指数がもっと低位にいてくれると、

引っ張られる心配が少し減るので良いかもと思っていたりします。

 

10月1日 株価823円 日経24245円 マザーズ1074円

  1月4日 株価840円 日経19561円 マザーズ  827円 

                    ※終値ベース

 

ちなみに、

日経やマザーズが20%程度下げていますが、

くふうちゃんは上がっています(´・ω・`)

 

 

今年は明確にファンダが改善して、

株価は1000円台へ定着するといいなぁと思っています(´・ω・`)

 

 

いつか株価10000円を超えたら、

くふうちゃんホルダーで打ち上げするんだ…(フラグ)

くふうカンパニー観察日記 20181228

くふうカンパニー観察日記 comments(0) - けりゅ

株価 801円

 

相場は乱高下ながら、株価をキープしているくふうちゃん。

 

さて、年は明けていないけど。

株的にはすでに新年です。

NISA枠120万円が使えます。

 

NISA枠120万円で取得できる株数は以下の通り。

※端数は丸めています

 

 株価  株数

400円 3000株

500円 2400株

600円 2000株

631円 1900株

666円 1800株

705円 1700株

750円 1600株

800円 1500株 ←いまここ

 

以前600円で2000株買いたいと書きましたが、

800円で1500株でもいいかなぁ…。

 

でも、来年の12月までに買えばいいので、、

安くなる局面もあるよなぁと思い。

今年と去年の値幅を調べてみました。

 

2018年の値幅

 オウチーノ:1986円(2/6)〜4630円(3/14)  →くふう換算:467〜1089円

 みんなのW:664円(2/9)〜1144円(6/1)

 くふうちゃん:579円(10/30)〜1109円(10/3)

 

2017年の値幅

 オウチーノ:2000円(10/10)〜5370円(3/3) →くふう換算:470〜1263円

 みんなのW:679円(9/27)〜1480円(3/8)

 

オウチとみんWが一緒になることで、

ボラが下がると思っていたのですが。

大して変わりませんね(*´∀`*)

 

これだけを見ると、

来年1年の間に、600円以下はありそうな気がします(笑

 

とはいえ、

ファンダ的には2018年までの局面とは明らかに違ってきていますし。

需給面では、何やら違うプレイヤーも参戦してきているようです。

 

 

 

ある程度ファンダ的に結果を残せないと、景気に引っ張られて下落。

将来に期待できそうな結果or材料があれば、

景気をものともせず上昇って感じでしょうか。

 

というわけで、NISA枠はしばらく様子見かな(´・ω・`)

煮え切らない結論(´・ω・`)

 

 

良いお年を(`・ω・´)キリッ

 

 

 

 

くふうカンパニー観察日記 20181221

くふうカンパニー観察日記 comments(0) - けりゅ

株価 828円

 

日経平均もマザーズも年初来安値更新。

年末相場とは何だったのか状態…。

 

くふうは先週から下がってはいるものの。

異常に強いのは、皆さまお気づきの通りです。

 

twitterでも書きましたが、

本来の弱さなら、前回安値の579円を割り、

400円台もあったのではないかという地合いです。。

800円を保っているのは奇跡に近い(´・ω・`)

 

下がっても出来高が少ないっていうのも強い証拠。

12月18日の午前中に15万株程度の商いをこなした以外は、

至って平穏な出来高です。

これは先週1000円付近でつかんだ人たちの投げでしょう。

全部こっそり拾われてますね。。

 

ただ、ここまでマザーズが壊滅的だと、

他の追証の投げに巻き込まれる可能性もあるので。

買うにしても慎重に買う方がよろしいかと思います。

 

さてマザーズの話ですが。

 

メルカリは上場後、3分の1の株価になり、

マザーズへの寄与度は減りましたが。

いまだに割高だと思いますし。

ここから半値でも全く違和感がありません。。

 

寄与度No1のサンバイオは材料的に強そうですが、

ここが落ちると、他のバイオへの影響も大きそう。

 

というかMTGとミクシィくらいしか

ファンダ的には買えないので(辛辣)

マザーズの底はまだ見えない気もします。

 

2月くらいに9%下がったことがありました。

そのようなぶん投げ祭りがあると戻しも早いような気がします。

そもそも戻らないという可能性も頭に入れないといけないかもしれません。

 

くふうがいくら期待できる銘柄、現在強い銘柄でも。

マザーズや日経の下落にお付き合いしてしまいます。

注意が必要だと思います。

 

まあ、cis様の本でも読みながら、

まったり安値買い待ち、成長待ちが良いのではないでしょうか。

 

cis様の本はもったいなくてチビチビと読んでいます(´・ω・`)

くふうカンパニー観察日記 20181211

くふうカンパニー観察日記 comments(0) - けりゅ

株価 890円

 

こんなチラシの裏レベルのものを見てくれているらしいので。

2週に1回くらい、ひっそり更新しようと思います。

書くことないけど(`・ω・´)キリッ

でも書いておいて、後で見返すと楽しいものですよね。

 

 

最近、やたらと強いくふうちゃん。

某氏がセミナーで紹介したから…ということらしいです。

 

何かとんでもない材料を握る機関投資家の買いではないようです。

 

あのイナゴよりマシ(毒)だけど、

いつものイナゴに毛が生えた程度の残念極まりない感じです(≧∀≦)

 

この辺の重い価格帯を超えられずに、

下落トレンドになるのがいつものくふうちゃんですが。

今回はどうでしょうか。

 

イナゴを利用して、資金を増やして、

安くくふうちゃんを買い増しができれば最高ですが。

いつものように反落するとは限らないのが、難しいところですね。

 

予想としては、某氏一味がセミナー前に先回り買いしていて、

この辺の価格帯で利確してくるので、

抜けるのはきついのではないかなと思いますw

 

そういえば、11月14日も全く同じ感じです。

穐田さんが表舞台に出てくると知った人の先回り買い。

その人たちは、880円で利確して、そのあとズタボロ(°∀°)

 

とはいえ、株価の予想なんて当たらないし。

回転しようとしても損するので、何もしません(へたれ)

 

まあ、なるようにしかならないので。

なった時にどうするか、というのを事前に考えておくことだけ。

 

 

 

現在、30400株を保有していますが、

端数の400株は利確すると思います。

中途半端が嫌いなので(`・ω・´)キリッ

 

というのは半分冗談で、

年明けNISAの原資にするので。

 

来年のNISAの目標は、

600円以下で2000株以上買うことです(°∀°)アヒャ

 

来年、600以下になれば、32000株まで買い増し。

600以下にならなければ、特定口座分をNISAに振り分け30000株のまま。

 

って感じで、今のところは考えています。

500円以下とかになれば、もっと買い増すかもしれません。

 

 

 

くふうカンパニー観察日記 20181130

くふうカンパニー観察日記 comments(0) - けりゅ

株価 720円

 

1か月ぶりの日記です|ω・`)

 

11/13にIRが連発されました。

有能な他の方が言及されているので、

わざわざ分析したものを書きませんが(何のための日記だ。。。)

 

以前書いたように、いよいよ違うフェーズに突入したようです。

恐らく、既存事業の立て直しに目途が付いたという判断でしょう。

とはいえファンダが改善されないと株価は上がりません。

じっくり待ちましょうw

 

個別の感想

〇オウチーノ

 ヨムーノはかなり上手くいっている。

 ポータル事業の立て直しは道半ば。

 富裕層向けはそれなり。

 全体としては残念ながら赤点かな。

 →とはいえ、先行投資(人材獲得)なくして、事業を伸ばすことは不可能でしょう。

  リストラ→売上減というような会社よりよほどマシで未来もあります。

  急いで小さな収益を求めるより、大きく育って欲しいです(遠い目)。

 

〇みんなのウェディング

 売上は伸びていないので少し気になる。

 4月以降は営利が伸びていい感じ。

 利益率は改善しているので、売上を上げる施策を…。

 と思ったら、下記の買収とのつながりで期待できそうです。

 

〇新事業と買収案件

 ・アールキューブを買収

   みんなのWとの相乗効果を狙ったものでしょう。

   みんなのWは特に何もしないで安定利益を生むだけにしておくものと思っていました。   

   アールキューブ買収により上流から下流(式場探し→準備)までの結婚プロデュースを行い、

   利益率の高い事業を構築するのが目的と思います。

   ここまでやるのなら、付随する事業(写真撮影、アルバム作成、新婚旅行など)も買収し、

   完全に上流から下流までやりきるかもしれませんね。

   どうやら本気で結婚ビジネスをやる気だということは分かりました。

   (というか、結婚ビジネスというよりライフスタイルという軸なのでしょうけど)

 

 ・Zaim買収

   この事業はすでにある程度出来上っていますので。。

   特に言及するまでもないと思いますが。

   ストックビジネスなので、株主としては非常にありがたいビジネスですw

   少しづつ利益が積み上がっていくので。

   当然、決済や保険等に事業範囲を広がるでしょう。

   ヨムーノ等のメディア構築力によって更に認知も広がりそうです。

   (アクティブユーザーは分かりませんが)800万人の利用者がいます。

   様々なこと(意味深)に利用できそうですよね…(°∀°)ゲス顔

 

 ・ほけんのくふう

   正直何をやるのか分かりませんが、普通に考えれば、相乗効果狙いでしょうか。

   結婚した方向けに、生命保険や医療保険。

   住宅を購入する方向けに、生命保険や火災保険や地震保険。

   顧客リストはありますからね…(°∀°)ゲス顔

 

 ・Da Vinci Studio

   説明を見ましたがよくわかりませんw

   技術的なものを横断的にみる組織だと勝手に思っています。

   大学等との連携もあるようなので、

   技術的な優位性・独自性を作り競争優位性を高める、という観点もあるのかなと思います。

   有能な吉川CTOのやりたいことをやる組織という可能性もありますがw

 

   

と、まあ、何となく感じたことを書きなぐりました(´・ω・`)

第2のリクルートとみなさんおっしゃいます。

私は第2のバークシャー・ハサウェイだと考えています。

バークシャーを知らない?バフェット様の本をお読みください。。

 

前も書きましたが、

この株をこんな初期に買えることを大事にされるのがよろしかろうと思います(´・ω・`)

基本的に寝ているだけで良いのです(≧∀≦)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

くふうカンパニー観察日記 20181027

くふうカンパニー観察日記 comments(3) - けりゅ

株価629円

 

日経の下落によって、くふうちゃんも引っ張られていますね。

前回のブログの通りになってしまいました(´・ω・`)

 

500円台もあるかもと書いていましたけど、

来週あるかもしれませんね。

さすがに400台までは行かなそうな気はしていますが。

 

バフェット様は、持ち株が安くなると喜んでいます。

なぜなら、安く買えるから。

 

この裏に隠れているのは、確かな自信です。

 

さんざん調査や分析をして、

将来的に大きく成長する会社という確信を持っている。

 

だからこそ株価が安くなっても動じない。

むしろ安く買えることに喜んでいるのです。

 

私も、できることなら、1月までこのあたりの株価をキープしてもらってw

NISAで買い増したいと思っているのですが。

 

また皮算用になりそうな予感がします|ω・`)

 

まあでも、500円台まで突っ込んだら、買い増しも検討しています。

くふうカンパニー観察日記 20181011

くふうカンパニー観察日記 comments(0) - けりゅ

株価 723円

 

ダウ日経の暴落に呼応するように、くふうちゃんも暴落。

ダウが下がらなくても暴落した説もありますが。。w

 

寄り前にS安気配だったので、入金して指値注文を出しておりました。。

S安付近で指す様な欲張りなので買えず(≧∀≦)

 

700円前半で少し買おうかと思ったのですが、

ダウも日経も、しばらく不安定な気がするので止めました。

 

日経が1000円超えるような下げが起こった時、

2日連続とかもたまにあります。

2015年8月のチャイナショックの時のように。

確率的には、たいてい反発しますけどね。

 

仮に日経が暴落すれば、

くふうは600円台、うまくいけば500円台で買えるかもしれません。

 

2日連続1000円級の暴落の確率は、統計的にはかなり低いはずなので。

買えない確率はかなり高いわけです。

でも買えなくても別に損をするわけではないですから。

こういう時は、”待つ” というのも良い選択だと思います。

統計的な確率なんて時として無意味ですからね。。

 

 

ホントは日経暴落にかけて、プットを買いたいところですが、

ボラティリティが高いので、値段が高すぎて仕込めません。

ですので、基本的に、くふうも日経も、他の銘柄も様子見です。

 

くふうカンパニー観察日記 20181005

くふうカンパニー観察日記 comments(0) - けりゅ

株価 870円

 

前回、

ファンダが改善しない限り、本格的には上昇しないと思います。

と言いましたが、まさにその通りの展開。

 

そして、予想通りのモルガンスタンレーの空売り(≧∀≦)

 

オウチーノ上級者は、

ここからタラタラと下げ続けることを知っております(≧∀≦)

 

でもね、

 

この辺の100円、200円、500円の株価の上下なんていうのは。

本当にどうでもいいことなのです。

 

 

5年後の高見から今の株価を見たら。どう見えるか。

想像してみてください。

 

富士山の頂上から、遥か下の1合目の岩を見ているような感じです。

多分、米粒のように見えるでしょう。

今の荒く見える値動きなんて、所詮、その程度のものなのです。。。なんか宗教ぽいな(≧∀≦)

 

信用で買うから切らされるので、

現物で丹念に安値を拾っていく。というスタンスが一番です。

(私もこの1年半。昨年8月の安値や、2月6日のS安を丹念に拾ったりしています。)

 

給料所得者の方は、毎月100株づつ給料日に買うとか。

資産のある方は、5%以上下がった日に買うとかね。。

 

ゆっくり現物を買っていくと、

自分の給与所得だけでは到達できない

とんでもない資産を築くことのできるチャンスをものにできると思います。

 

 

 

 

くふうカンパニー観察日記

くふうカンパニー観察日記 comments(0) - けりゅ

株価 1010円

 

新規上場3日目。

無駄に株価が上がっています(´・ω・`)

 

さっそくOXAMが2万株弱の空売り。

50万株くらい売ってもらいたいものです(*´∀`*)

 

何度も言っていますが、

ファンダが改善しない限り、本格的には上昇しないと思います。

 

ですので、空売り機関は貴重な存在。

ファンダからかけ離れた株価を正常に戻してくれますw

みんなのWみたいに、貸借銘柄になってくれれば良いと思うのですがね。

 

まあ多分ですが、

本日は他の空売り機関も空売りしているでしょう。

JPモルガンとモルガンスタンレーあたりがw

 

しかし、昨日今日買っている人は、何で先月の最終日に買わなかったのでしょうかね。

750円くらいで買えたのに|ω・`)

くふうカンパニー観察日記 20180926

くふうカンパニー観察日記 comments(0) - けりゅ

株価800円

 

さて、魔の最終日を乗り越えました。

オウチーノは、寄りで19600株の成り行き売り注文が。。(`・ω・´)

予想は20000株だったので当たりと言えるでしょう(`・ω・´)キリッ

 

ところが、

全く安くならずに、急反発でプラス引け。

安いところを拾いたい勢がたくさんいた模様。

オウチ分の信用残が一掃されたのは良いことです。

 

 

さて、

10月から、ついにくふうカンパニーが上場します。

上場したからと言って、株価がファンダを無視して急上昇するとは思えません。

 

どうも短期志向の鼻息の荒い株主が多くて、危惧しております。

 

希代の素晴らしい経営者の揃う株を初期に気が付き、

かつ、今買えているということを

もっと大事にした方が良いと思います。

 

どうあがいても自分の給与所得だけでは到達できない

とんでもない資産を築くことのできるチャンスです。

 

もう一度言います。

 

いいですか?

どうあがいても自分の給与所得だけでは到達できない

とんでもない資産を築くことのできる、非常にわかりやすいチャンスです。

 

→お説教終了w

 

 

長期的に大きく株価が上がるには、業績の好転を期待するしかありません。

 

以前、記事にしましたが、

くふうカンパニーには30億程度の現金がありますので、

これをどのように活用していくのかも見ものです。

穐田さんの息のかかった企業との連携や買収が一番期待できるところでしょうか。

 

とはいえ、

まずはコアとなる既存事業をきちんと立て直すことが肝要です。

旧オウチーノの単独黒字の確保、

旧みんなのWの業績拡大、

これらは必ずやり遂げて欲しいところではあります。

 

既存事業を疎かにして成功した会社などありませんからね。

 

そういう意味では、穐田さん率いる経営陣は、

既存事業の成長を促し、事業を補完し、無駄な事業の切り離し、

ということを最初にやられているのは合点がいきます。

 

安易に他分野への買収に行かないのは良い傾向だと思っています。

そろそろ、立て直しに目途をつけて、

既存事業周辺の他分野へ事業を広げていくフェーズに入ってきているのではないかと思います。

 

 

 

 

 

 

くふうカンパニー観察日記

くふうカンパニー観察日記 comments(0) - けりゅ

株価 773円

 

オウチーノとみんなのウェディングの上場は25日まで。

10月からくふうカンパニーへと移行します(´・ω・`)

 

最終売買日の25日は荒れそうですね。

信用買い残が強制決済があるからです。

 

以下、信用残の推移です。

8月31日 131,300株 ▲8,600株

9月7日   104,300株 ▲27,000株

9月14日   74,400株 ▲29,900株

 

9月18日〜9月21日の出来高は計53,800株。

40000株程度は返済されていそう。

これに加え現引きもあるので、

計50000株程度は整理されているでしょうか。

 

25日の寄りで、20000株程度が降ってくるかもしれませんw

値幅は700円くらいあるので、2500円台もあるかもw

 

逆に言えば、需給の問題のみで、

安く買えるチャンスでもあります(´・ω・`)

 

とはいえ、機関の売り残は10000株程度が残っていると考えられますし。

2万株って金額にしたら数千万円なので、

一気に食われてしまう可能性もあります。

 

予想としては、200〜500円押した後、

一気に戻り、プラスで終わるかなと思っています(´・ω・`)

 

みんなチャンスだと捉えてると思うので、

資金が集まりそう。

私もお金用意しているんですが、

目論見通りに安くかえないのでしょうね・・・w

 

 

 

 

くふうカンパニー観察日記

くふうカンパニー観察日記 comments(0) - けりゅ

株価 733円

 

オウチーノサイトがリニューアルされた模様。

前よりも見やすくなったし、おしゃれぽい感じw

 

暇なので、穐田さんについて調べてみる。

取締役についている会社は以下の通りです(網羅してないかもしれません)。

 

・オウチーノ 取締役会長 不動産情報サイト運営

・みんなのウェディング 取締役会長 結婚式場口コミサイト運営

・LITALICO 取締役 就労支援、児童発達支援など支援事業

・トクバイ 代表取締役 チラシ・特売情報の配信メディア事業

・カラダノート 社外取締役 生活支援事業、健康管理に関するアプリ開発

・Zaim 取締役 家計簿サービスZaimの企画運営

・リスタ 取締役 求人メディアの運営

・ラクシーズ 取締役 スポーツSNSのLaBOLAの運営

・あどばる アドバイザー WEBサービス運営事業・レンタルスペース運営事業・飲食店支援事業

 

いろいろな会社の役職に就かれています。

取締役会だけでも忙しそうw

また、下記は穐田さんは保有されている株です。

 

・オウチーノ 6084 55.87% 時価総額約75億

・みんなのウェディング 3685 59.07% 時価総額約60億

・マツモト 7901 5.03% 時価総額約11億

・LITALICO 6187 9.73% 時価総額約300億

・タウンニュース 2181 4.98% 時価総額約25億

・中広 2139 3.52% 時価総額約60億

・カラダノート 4000万出資(カラダノートHPより)

 

調べられたのがここまでです。

上非上場企業は調べづらいので。網羅していない可能性が大です。

非上場企業で取締役に就任している会社の株は、保有していると推測されますが。。。

 

くふうカンパニーがこれらの会社とどう絡んでくるのか。

非常に楽しみですね(`・ω・´)

 

 

  • 0
    • Check
    無料ブログ作成サービス JUGEM